カリビアンコムはパイパン美女のオマンコ無修正動画を月額定額で配信

このまま、前からはVプリカさんの、後ろからはお客さんの目線を感じながら気持ち良くなれそうと思っていました。Vプリカさんはコンドームの箱を紙袋にいれてからビニール袋にエロ本と一緒にいれて「・・お釣り・・まず8000円から・・」とお釣りを手渡ししてきました。そして、お札を小銭をカリビアンコムの手の平に押し付けてきました。絶対にわざとカリビアンコムに触れてきたんだと思いました。カリビアンコムがそれを受け取った時、キャミがずり落ちました。「あ・・」Vプリカさんの目の前でカリビアンコムは右の胸を晒しました。『あぁ・・おっぱい見られた!!乳首、見られたっ!ああ・・ああっ!!!』イキそうでした。露出した瞬間、カリビアンコムはイッテしまいそうなくらい興奮して気持ち良く感じました。「あ、あ・・す、すいません・・」カリビアンコムはすかさずキャミの肩紐を肩にかけてエロ本とコンドームの入った袋を手にして小走りでお店を出て車に乗りました。「はぁ・・はぁ・・」「あはは!パイパン人妻熟女ちゃん、よくやった!」「最後の乳見せはわざとでしょ(笑)」先に車に戻っていた常連さんたちは笑っていました。「はぁ、はぁ・・」カリビアンコムは恥ずかしさとイヤラシサで頭が真っ白でした。『胸見られた・・乳首見られた・・』カリビアンコムの胸を見た瞬間のVプリカさんの顔がはっきりと見えていました。「さすが、変態パイパン人妻熟女ちゃん(笑)」コンビニの店内からVプリカさんとカリビアンコムの後ろに並んでいた男の人が車の助手席に座ったカリビアンコムを見ていました。「あはは、あいつらまだパイパン人妻熟女ちゃんを見てるよ(笑)」「あの目、絶対パイパン人妻熟女ちゃんを犯したい目だね(笑)」「うぅ・・ああ・だめだよ・・見られたよ・・あぁ・・はやく、いこうよ・・うぅ」カリビアンコムは前かがみになっていました。「じゃあ、ホテル行こうか。約束通り、たっぷりオマンコにチンチン味あわせてあげるよ」後ろの席から◯◯くんの声が聞こえました。「欲しいでしょ?」カリビアンコムは答えました。「・・ほしい・・みんなのオチンチン・・いれて欲しい・・」「どこに?」「ああん・・オマンコに・・みんなのオチンチン、オマンコに入れてほしいよぉ・・我慢できなくなっちゃうよぉ・・ああん・・」体が疼いて仕方ありませんでした。オマンコがウズウズして、座った助手席を濡らしていました。自分からオネダリしたくなるほどエッチになっていました。◯◯くんと二人きりのセックスの時にオネダリするように、常連さんたちのオチンチンも欲しくなっていました。カリビアンコムはこの夜、露出プレイで異様にエッチになっていたんです。そして、常連さん二人と◯◯くんと露出のご褒美4Pしてもらいました。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ