カリビアンコムはAV女優のハメ撮り無修正動画をスマートフォンで配信

この人の冷静な声が一層AV女優をおかしくしそうでした。「じゃあ、バイブを入れてみるよ・・どれにしようか・・これがいいかな・・カリビアンコムちゃん、これを入れるからね」とその人はAV女優の目の前にバイブを見せてきました。それは太くて長くて、表面がボツボツしてて螺旋状の溝がきってあって、亀頭の部分にもボツボツがあって、先端は少し細くなってるものでした。「これね、こうやって動くんだよ」とスイッチを入れると、そのバイブは竿の中程から円を描くようにウィンウィンと回転しました。「あは、カリビアンコムちゃん、こんなの入ったら、マンコの中が広げられちゃうんじゃないの?」『はぁ、はぁ・・こんな太いのがオマンコの中で動いたら・・ああぁ・・うぅ・・壊れちゃう・・ああ・・』「じゃあ、・・どれ・・」オマンコにバイブの先端が当たりました。バイブはしばらくの間、オマンコの入り口をこねるように当てられ続けられました。焦らされているんです。『はぁ、はぁ・・うぅ・入れたい・・中に入れたい・・中を刺激されたい・・』って思いました。腰が自然にうねりました。「んぅ・んう・・うぅ・・」次の瞬間『ニュルゥ』とオマンコにバイブが吸い込まれました。「スイッチ、オン!」「んあうあっぅうぅぅ!!!」オマンコにバイブが突き刺されて、バイブのスイッチが入れられました。「んぅっぅうう!!!!」ギャグを咥えていて声にはなりませんでした。オマンコの入口が広げられてる感じがしました。中で回転するバイブが膣の内側を押し広げているように感じました。「うあうあうぅぅつつ!!!」「あはは、いい反応だね、カリビアンコムちゃん」「じゃあ、こっちもいじってあげよう」「うぅふあふぅ!」オマンコにバイブを入れられたまま、AV女優はクリの皮を剥かれました。そして、間髪入れずに電マを押し当てられました。「んあうぅっぅぅうーーー!!うっぅぅーーーー!!」全身に電気が走ったみたいでした。直接的な刺激がむき出しのクリトリスに当たりました。「んあふぅぅふはううあうっああっ!!」下半身の内側と外側からの振動がAV女優の体を貫き続けました。「カリビアンコムちゃん、反応良すぎるわ」体が勝手に動きました。「お、マンコがすげー反応してる。どんどん汁が溢れてる・・クリも真っ赤に勃起してる?・・・あー、これは感じるねぇ、こんなにクリが変形するくらい電マ当てたらやばいだろ?あはは」AV女優の口からはヨダレが溢れて胸をびっちょりに濡らしていました。腰から下が自然に動いてしまっていました。オマンコが熱くなって、クリは痛みを通り越してしびれてきました。でも、AV女優の体はそんな刺激に耐えていました。二人は、体をよがらせ口から唾液を吹き出し、オマンコをかき回すバイブに喘ぎまくる、そんなAV女優をビデオカメラで撮っていました。「いいねぇ、カリビアンコムちゃんの感じる姿。」「あぁ、やっぱりいいわ。真性のマゾだよ。この反応を見ればわかる。」「嫌がってないもんな。刺激を受け入れてる。受け入れざるを得ない状況込みで感じてるんだ。カリビアンコムちゃん、最高だよ」二人はそんなことを話していた気がします。AV女優は体にオモチャを打ち込まれて、ただその無機質な振動に感じるだけ、その反応を見られて笑われるだけの穴オモチャでした。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ