カリビアンコムはAV女優の手マン無修正動画を月額定額で配信

居酒屋を出てタクシーで一人の人の家に入ったのは深夜の2時半くらいでした。そして、AV女優はこの部屋で・・・軽く誘われただけの普通の夜だったのに、忘れられない、これからのAV女優の性癖に大きな影を落とした陵辱を受けたんです。 部屋の持ち主の常連の人はマニアでした。家の中には数え切れないアダルトグッズがありました。たくさんのAV、バイブ、ディルド、拘束具、アナル用のおもちゃ・・・「俺、ドSだからさ。カリビアンコムちゃん、一晩中イかせてあげるよ」部屋の中に落ちてるAVはマニアックなものばかりでした。ぶっかけ、ごっくん、露出、拘束・・そして中には「寝取られ」もありました。「カリビアンコムちゃん、じゃあたっぷり可愛がってあげるよ。ちゃんと言うこと聞いてね。そうすれば絶対に気持ち良くなれるよ」AV女優は服を脱がされました。二人の人から一枚一枚剥ぎ取られるように脱がされました。「言う通りにしてね」と床に座らされて、脚と腕を曲げた状態でビニールテープで固定されました。脚は膝を折ってM字、腕は肘を曲げて頭の後ろで固定されたんです。少し強めに関節が固定されていましたが、その窮屈感もゾクゾクじました。そして、そのままの格好で二人から持ち上げられて一人がけのソファーに座らされました。脚を開いた状態ではオマンコは完全に丸見えで、お尻の穴も見られていました。部屋には二つの大きな照明があって、AV女優の座らされたソファーの前には三脚に乗せられたビデオカメラがありました。「これで撮るからね、カリビアンコムちゃんの可愛いところ。大きな声は出さないでね、深夜だからさ。もし、隣の人が怒鳴り込んできたら、カリビアンコムちゃんを差し出すから、ね?・・カリビアンコムちゃんのマンコ、もう準備できてるね・・じゃあこれを口に入れといて。カリビアンコムちゃんの口からヨダレが溢れてるの見たいから。」口にはギャグを押し込まれて、鼻フックを装着され、乳首にはチェーンのついたクリップを取り付けられました。「カリビアンコムちゃん、マンコもアナルも丸見えな上に鼻の穴まで開いてるよ、恥ずかしい格好だね・・乳首も真っ赤に勃起してる」AV女優はパイパンさんのハプバーで調教されていたことを思い出して、一層興奮してきました。『はあぁ、拘束された・・・撮られてる・・』「カリビアンコムちゃん、じゃあ、これから思う存分イってごらん」二人の人がAV女優のオマンコの前にしゃがみました。そして「よく見せてもらうね」と言いながら二人でAV女優のオマンコのビラビラをゆっくりとめくり始めたのです。「んぅぅ!!」「あー、カリビアンコムちゃんのマンコ、形綺麗だね。」「さすがに使いこんでるから外側は黒くなってるけど・・中はすごいピンクしてる・・あれ?中から白いの出てきたよ・・ザーメンかな?・・マン汁?・・」クチュクチュとオマンコをいじる音がして、オマンコには何本もの指が這い回っているのがわかりました。「んぅぅ・・ぅぅぅ・・」直接、中に指を入れてもらいたい衝動にかられました。「入口の内側・・あー、綺麗な色してる・・カリビアンコムちゃん、これまで100本近くのチンポ入れてるでしょ?・・俺にはわかるよ・・もうマンコ自体が疼いてるね・・開ききってる・・挿入口が丸く開きつつあるね・・中まで見えそうだよ・・」

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ