カリビアンコムは巨乳ギャルのオマンコにバイブ挿入無修正動画をスマホで配信

「・・ん・・あ、巨乳ギャル・・え・・う・・」「あれ?カリビアンコムちゃん、酔ってる?顔真っ赤だよ?」向かいの人の声も冷静でした。「あ・・う・・だ、大丈夫・・えーっと・・じゃあ・・サ、サラダください・・シーザーサラダ・・」「はい、シーザーサラダですね・・ご注文は以上で?」「はい、じゃあそれでよろしく」「はい、承りました。しばらくお待ち下さい。」カリビアンコムは席は離れて行きました。「あは、カリビアンコムちゃん、よく我慢したね」「本当、マジでやばいと思ったよ、声出ちゃうんじゃないかって。でもさ、カリビアンコムちゃんが俺のチンポの先、もみ始めるからさ、俺もびびったよ(笑)」「・・はぁ、はぁ・・も、もう・・やめよう・・だめだよ・・本当に・・」「だめ?何が?」隣の人がバイブをぐいっと押し込むと同時に胸をめくって鷲掴みにしました。「あんっ!」思わず巨乳ギャルは声を出してしまいました。「カリビアンコムちゃん、我慢しなきゃ」「他のお客さんに迷惑だよ」「・・・・」巨乳ギャルは、二人の人に弄ばれていました。オマンコからはすっかり汁が溢れてて、同時に巨乳ギャルの頭の中もとろけてしまっていました。巨乳ギャルの右手にはオチンチンが握られてました。「カリビアンコムちゃん、さっきから離さないね」「・・・」「どう?」「・・硬くなってる・・」つい1時間くらい前まで巨乳ギャルのオマンコに入っていたオチンチンを巨乳ギャルは居酒屋の一角で握っている事実に興奮していました。「カリビアンコムちゃん、欲しくなってる顔してる」「・・だって・・ん・・」オマンコの中のバイブがグリグリし始めました。「スイッチ入れよう」「あん・・だめ・・あ、あんぅ」ヴーンヴーン・・とバイブが唸る音が椅子に響きました。「ああ・・だめ・・スイッチ切って・・ばれちゃう・・」巨乳ギャルがオチンチンを握りながら俯くとカリビアンコムの声が聞こえました。「・・お待たせしました・・フライドポテトのお客様・・こちら、シーザーサラダになります・・お飲み物はこちらに置かせていただきます。」『ああぁ・・聞かれてるっ・・バイブの音がしてる・・聞かれてる・・』そう思いました。カリビアンコムが話している間もヴーンヴーンとバイブはうねりっぱなしでした。緊張で体は硬直しているのに、オマンコはユルユルでした。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ