カリビアンコムはAV女優のバイブオナニー無修正動画を月額定額で配信

そして、一人がそんなカリビアンコムをスマホで撮影していました。「カリビアンコムちゃん、スマホ見ながらフェラして・・いい顔してるわぁ、マジで・・俺、また立ってきたよ。」カリビアンコムのバイブフェラで勃起したなんて言われたら、このときのカリビアンコムには耐えられないエッチな雰囲気でした。「はぁ、はぁ・・」「カリビアンコムちゃん、後ろから人が来るよ」「!」カリビアンコムは乱れて開いてたシャツの前を整えてバイブをテーブルの下に隠しました。お店の人はカリビアンコムたちのいる席の後ろの席に来たのでした。「・・びっくりした・・まずいよ・・ばれたら、大変だよ・・」カリビアンコムは必死になっていましたが、未だにエッチな気分はそのままでした。「カリビアンコムちゃん、ばれちゃえばよかったのに」「ほんとだよ。さっきの店員もカリビアンコムちゃんのフェラ顔見たかったと思うよ。乳首勃起させてんのを露出しながらマンコ濡らしてバイブフェラするカリビアンコムちゃんをさ」「・・言わないで・・そんなん・・」「この顔、AV女優にみせなきゃね」「だ、だめだよ・・今日のこと、AV女優は知らないんだから・・」「そうなの?じゃあ、言うこと聞いてもらわなきゃね」「カリビアンコムちゃん、そのバイブ、マンコにぶち込みなよ。自分で」「・・ここで?」「そう、ここで」「やらないと、この撮ったやつ、AV女優に見てもらうから」「・・・」カリビアンコムは言いなりになっていました。頭で考えるよりも体がバイブを求めていました。そして、唾液でヌルヌルのバイブをオマンコに入れました。座席の上で足を開いてゆっくりと挿入しました。バイブはヌルっとオマンコに入りました。入り口で亀頭の部分の圧迫を感じましたが、そこを通過してしまうと中が満たされた感じで、それが思った以上に気持ち良くなれました。一瞬『ブジュッル』って音がして膣内の精液が溢れた気がしました。「ああぅ」少し声が漏れました。「どう?カリビアンコムちゃん?」「・・あ・・入ったよ・・」「気持ちいい?」「・・・んう」「動かしていいよ、手」「・・ん」カリビアンコムは少しだけバイブを出し入れしました。ゾクゾクする気持ち良さがありました。3P中出しの後、深夜の居酒屋で半露出しながらのバイブオナニーは、カリビアンコムの想像を超える刺激がありました。バイブを引き出す時に入り口の裏あたりに引っかかる感じ、中に押し込むと入り口が捲れるような圧迫があって、膣の奥にバイブの先端が当たるともう少し奥まで入れたくなって

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ