カリビアンコムはオマンコにバイブ挿入無修正動画を有料で配信

カリビアンコムは言われた通りにチューブトップを脱ぎました。『脱いじゃった・・』と思うと心臓が飛び出そうでした。居酒屋の中でカリビアンコムは今上半身裸なんです。知らない人が見たらカリビアンコムをどういう風に思うのか、言い訳すら思いつかない露出だと思います。「しばらくそのままね」「・・・」全身から汗が吹き出そうでした。心臓がばくばくしていました。店内のお客さんの声、音がすごくよく聞こえました。「いいね、その顔だよ、カリビアンコムちゃん」「乳首、勃起してるよ」「だめ・・言わないで・・聞かれちゃう・・」「いいよ、シャツ着て」カリビアンコムが上半身裸だったのは時間にして1分とか2分とかだったと思いますが、その時間がものすごく長く感じました。カリビアンコムはシャツを羽織りました。「ボタンはしめちゃだめだよ」「次、パンツ脱いで」「・・脱ぐの?」「そう、わかってるでしょ?」カリビアンコムは座ったままパンツを脱ぎました。そして、脱いだパンツを前に座ってる人に渡しました。「やっぱり濡れてる」「やらしい女だね、カリビアンコムちゃん。パンツがグッチョリだよ」「・・言わないで・・恥かしいよ・・」「オナニーしたい?」「・・・そんな・・」もう一人の人がバッグをゴソゴソしました。そして、テーブルの上にバイブを出しました。こんな明るいところでバイブを目にするなんて・・さっきまでの3Pが思い返されきました。「これ、舐めてみてよ」二人はテーブルの上のバイブをここでフェラして、というのです。「カリビアンコムちゃん、カリビアンコムちゃんは俺たちの言うことを聞けば、感じることができるんでしょ?」「カリビアンコムちゃんはマゾだよ。だからカリビアンコムの言いなりになって、俺たちにマワされたりしてんでしょ?」「・・・」カリビアンコムは何も言えませんでした。オマンコは疼いていました。「ほら、これ持って、しゃぶりついてみせて」カリビアンコムはバイブを握りました。そして、それを咥えました。口の中がいっぱいになりました。自然にヨダレが溢れてきました。「そう、舌使って」「さっきやってたみたいに奥まで咥えて」「ヨダレ、垂らして啜りながらだよ」二人の指示通りにカリビアンコムはバイブをしゃぶりました。カリビアンコムは両手でバイブを握って、咥えたり舌を這わせたりしました。自分がやっていること、居酒屋で上半身裸になったあとにバイブフェラ、この状況に鎮まっていないエッチな気分が盛り上がってきました。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ