カリビアンコムはロリータ美少女のフェラチオ口内射精無修正動画を月額定額で配信

「じゃあ、交代ね」カメラとフェラの人が入れ替わりました。カリビアンコムの口の中にはさっきとは大きさも形も味も匂いも違うオチンチンが入れられました。カリビアンコムはその違いを冷静に味わい、感じていました。しばらくの間、カリビアンコムは床の上で二人を交互にフェラしました。フェラというか、ただ開いた口にオチンチンを押し込まれていた、という方が正しい感じでした。「ロリータ美少女ちゃん、口便器って言葉知ってる?」「ロリータ美少女ちゃんの口、便器みたいに誰にでも使われるんだね。」「そう、で、誰が出したザーメンでもその口で受けるんだよね、だから口便器」そんなことを言われながらのフェラはものすごく興奮しました。使ってるのは口なのに、オマンコが疼いてしまいました。それでもカリビアンコムはできるだけ舌を絡めたし、吸いました。自分のヨダレでヌルヌルのオチンチンを食べるように口に入れて舌を懸命に擦り付けてました。気づくと一人の人が誰かに電話していました。「こんな時間に来るかね?」「あー、どうだろうな・・仕事は終わってると思うけどな、家に帰ってなければ・・お、出た・・」その人はしばらく電話で話していました。何を話しているのかはわかりませんでした。電話を切ると、二人はカリビアンコムをベッドの上に運びました。カリビアンコムはまた仰向けに寝かされ、そして今度は目隠しをされました。「じゃあ、さっきの続きね」「・・んうぅ・・」また口にオチンチンが入ってきました。「んは・・はう・・はぁ、はぁ・・んはぁ・・」カリビアンコムはまた体を横倒しにして口だけでオチンチンを愛撫しました。「んっう!!」するといきなりオマンコにまたバイブが入れられてきました。「体位が変わっても、マンコは濡れ濡れだなぁ・・こうやって、奥まで突っ込んで・・スイッチ、オン!」「んはう!!!あああっ!!いいぅ!!あああっ!!!」またオマンコの中でバイブが暴れ始めました。今度は後ろから入れらてて、さっきとは感覚が違いました。「ねぇ、ロリータ美少女ちゃんはこっちの穴も使える?」「んんっ・・んぅぅぅ!!!」今度はお尻の穴をいじられはじめました。カリビアンコムは口にオチンチンを入れられて頭を抑えられていて、何も答えられませんでした。「あれれ?このケツ、いけるな・・ロリータ美少女ちゃん、こっちも経験あるね、これは・・ちょっと、これ入れとくか」そう言うのが聞こえると、今度はカリビアンコムのお尻にオイルみたいのが塗られて、指で穴をほじってくるのがわかりました。「はう・・んはっ!!はうぅぅ!!」カリビアンコムは懸命に体を捻りましたが、オマンコにはバイブが突き刺さったままなので自由に動けず、お尻の穴は好き勝手にほじられ、いじられていました。男の人の指に逆らわないように徐々に力が抜けてお尻の穴にだんだんと指が入ってきたり、穴を広げたりしているのがわかりました。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムはAV女優のハメ撮り無修正動画をスマートフォンで配信

この人の冷静な声が一層AV女優をおかしくしそうでした。「じゃあ、バイブを入れてみるよ・・どれにしようか・・これがいいかな・・カリビアンコムちゃん、これを入れるからね」とその人はAV女優の目の前にバイブを見せてきました。それは太くて長くて、表面がボツボツしてて螺旋状の溝がきってあって、亀頭の部分にもボツボツがあって、先端は少し細くなってるものでした。「これね、こうやって動くんだよ」とスイッチを入れると、そのバイブは竿の中程から円を描くようにウィンウィンと回転しました。「あは、カリビアンコムちゃん、こんなの入ったら、マンコの中が広げられちゃうんじゃないの?」『はぁ、はぁ・・こんな太いのがオマンコの中で動いたら・・ああぁ・・うぅ・・壊れちゃう・・ああ・・』「じゃあ、・・どれ・・」オマンコにバイブの先端が当たりました。バイブはしばらくの間、オマンコの入り口をこねるように当てられ続けられました。焦らされているんです。『はぁ、はぁ・・うぅ・入れたい・・中に入れたい・・中を刺激されたい・・』って思いました。腰が自然にうねりました。「んぅ・んう・・うぅ・・」次の瞬間『ニュルゥ』とオマンコにバイブが吸い込まれました。「スイッチ、オン!」「んあうあっぅうぅぅ!!!」オマンコにバイブが突き刺されて、バイブのスイッチが入れられました。「んぅっぅうう!!!!」ギャグを咥えていて声にはなりませんでした。オマンコの入口が広げられてる感じがしました。中で回転するバイブが膣の内側を押し広げているように感じました。「うあうあうぅぅつつ!!!」「あはは、いい反応だね、カリビアンコムちゃん」「じゃあ、こっちもいじってあげよう」「うぅふあふぅ!」オマンコにバイブを入れられたまま、AV女優はクリの皮を剥かれました。そして、間髪入れずに電マを押し当てられました。「んあうぅっぅぅうーーー!!うっぅぅーーーー!!」全身に電気が走ったみたいでした。直接的な刺激がむき出しのクリトリスに当たりました。「んあふぅぅふはううあうっああっ!!」下半身の内側と外側からの振動がAV女優の体を貫き続けました。「カリビアンコムちゃん、反応良すぎるわ」体が勝手に動きました。「お、マンコがすげー反応してる。どんどん汁が溢れてる・・クリも真っ赤に勃起してる?・・・あー、これは感じるねぇ、こんなにクリが変形するくらい電マ当てたらやばいだろ?あはは」AV女優の口からはヨダレが溢れて胸をびっちょりに濡らしていました。腰から下が自然に動いてしまっていました。オマンコが熱くなって、クリは痛みを通り越してしびれてきました。でも、AV女優の体はそんな刺激に耐えていました。二人は、体をよがらせ口から唾液を吹き出し、オマンコをかき回すバイブに喘ぎまくる、そんなAV女優をビデオカメラで撮っていました。「いいねぇ、カリビアンコムちゃんの感じる姿。」「あぁ、やっぱりいいわ。真性のマゾだよ。この反応を見ればわかる。」「嫌がってないもんな。刺激を受け入れてる。受け入れざるを得ない状況込みで感じてるんだ。カリビアンコムちゃん、最高だよ」二人はそんなことを話していた気がします。AV女優は体にオモチャを打ち込まれて、ただその無機質な振動に感じるだけ、その反応を見られて笑われるだけの穴オモチャでした。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムはAV女優の手マン無修正動画を月額定額で配信

居酒屋を出てタクシーで一人の人の家に入ったのは深夜の2時半くらいでした。そして、AV女優はこの部屋で・・・軽く誘われただけの普通の夜だったのに、忘れられない、これからのAV女優の性癖に大きな影を落とした陵辱を受けたんです。 部屋の持ち主の常連の人はマニアでした。家の中には数え切れないアダルトグッズがありました。たくさんのAV、バイブ、ディルド、拘束具、アナル用のおもちゃ・・・「俺、ドSだからさ。カリビアンコムちゃん、一晩中イかせてあげるよ」部屋の中に落ちてるAVはマニアックなものばかりでした。ぶっかけ、ごっくん、露出、拘束・・そして中には「寝取られ」もありました。「カリビアンコムちゃん、じゃあたっぷり可愛がってあげるよ。ちゃんと言うこと聞いてね。そうすれば絶対に気持ち良くなれるよ」AV女優は服を脱がされました。二人の人から一枚一枚剥ぎ取られるように脱がされました。「言う通りにしてね」と床に座らされて、脚と腕を曲げた状態でビニールテープで固定されました。脚は膝を折ってM字、腕は肘を曲げて頭の後ろで固定されたんです。少し強めに関節が固定されていましたが、その窮屈感もゾクゾクじました。そして、そのままの格好で二人から持ち上げられて一人がけのソファーに座らされました。脚を開いた状態ではオマンコは完全に丸見えで、お尻の穴も見られていました。部屋には二つの大きな照明があって、AV女優の座らされたソファーの前には三脚に乗せられたビデオカメラがありました。「これで撮るからね、カリビアンコムちゃんの可愛いところ。大きな声は出さないでね、深夜だからさ。もし、隣の人が怒鳴り込んできたら、カリビアンコムちゃんを差し出すから、ね?・・カリビアンコムちゃんのマンコ、もう準備できてるね・・じゃあこれを口に入れといて。カリビアンコムちゃんの口からヨダレが溢れてるの見たいから。」口にはギャグを押し込まれて、鼻フックを装着され、乳首にはチェーンのついたクリップを取り付けられました。「カリビアンコムちゃん、マンコもアナルも丸見えな上に鼻の穴まで開いてるよ、恥ずかしい格好だね・・乳首も真っ赤に勃起してる」AV女優はパイパンさんのハプバーで調教されていたことを思い出して、一層興奮してきました。『はあぁ、拘束された・・・撮られてる・・』「カリビアンコムちゃん、じゃあ、これから思う存分イってごらん」二人の人がAV女優のオマンコの前にしゃがみました。そして「よく見せてもらうね」と言いながら二人でAV女優のオマンコのビラビラをゆっくりとめくり始めたのです。「んぅぅ!!」「あー、カリビアンコムちゃんのマンコ、形綺麗だね。」「さすがに使いこんでるから外側は黒くなってるけど・・中はすごいピンクしてる・・あれ?中から白いの出てきたよ・・ザーメンかな?・・マン汁?・・」クチュクチュとオマンコをいじる音がして、オマンコには何本もの指が這い回っているのがわかりました。「んぅぅ・・ぅぅぅ・・」直接、中に指を入れてもらいたい衝動にかられました。「入口の内側・・あー、綺麗な色してる・・カリビアンコムちゃん、これまで100本近くのチンポ入れてるでしょ?・・俺にはわかるよ・・もうマンコ自体が疼いてるね・・開ききってる・・挿入口が丸く開きつつあるね・・中まで見えそうだよ・・」

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムは巨乳ギャルのオマンコにバイブ挿入無修正動画を有料で配信

「カリビアンコムちゃん、音、聞こえてるよ」「・・ん・・はぁ、はぁ・・」隣の人はオチンチンを巨乳ギャルの口に入れさせながら巨乳ギャルの胸をじかに揉んでいました。「カリビアンコムちゃん、欲しいんじゃない?」「・・ん・・」欲しかったんです。我慢できそうにありませんでした。ついさっきまで3Pしてたのに、また欲しくなっていたんです。「カリビアンコムちゃん、記念写真撮ろうよ」そう言うと巨乳ギャルは体を起こされました。そして、後ろの席との間にある衝立に寄りかからされてシャツの前を大きくめくり胸を露出させられました。「いいねぇ、じゃあ足を席に載せて、大きく開いてみて」巨乳ギャルは言われた通りに体を動かしました。『はぁ、はぁ・・すごい・・巨乳ギャル、こんなところでこんなことしてる・・・』巨乳ギャルは口の周りをヨダレと我慢汁でベトベトにしたまま胸を晒して足をM字に大きく開いていました。オマンコは開ききっていて、いつでもオチンチンを入れてもらえる状態でした。「カリビアンコムちゃん、こっち向いて・・・はい、次・・」巨乳ギャルは向かいに座って写メしてくる人に向かって何度もポーズをとりました。スマホのレンズから目を離せませんでした。吸い込まれるようにレンズを見つめました。隣の人が巨乳ギャルの口にバイブを咥えさせてきたのも撮られたし、じかに胸を揉まれてるのも撮られたし、オマンコにバイブを入れてるところも撮られていました。いつの間かに後ろの席の人たちはいなくなっていました。巨乳ギャルの漏れた声や、二人のいやらしい言葉は絶対に聞かれていたと思いました。「カリビアンコムちゃん、これからどうする?」「・・どうって・・」「俺たち、明日休みじゃん?」「・・・」「これからさ、俺んちこない?」「・・え、これから・・」巨乳ギャルは誘われていました。露出プレイしながら誘われました。「◯◯くん、いないんでしょ?」「・・う、うん」「カリビアンコムちゃん、一人で家に帰ってもオナニーするだけじゃん、こいつんちでまたやろうよ。なんなら泊まってきなよ。」巨乳ギャルの頭の中は◯◯くんのことがありました。さすがに無断でお泊まりはどうかな、と心配になりました。でも、巨乳ギャルのオマンコはもうオチンチンを欲しがっていたんです。頭の中も二人にマワサレることでいっぱいだったんです。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムは巨乳ギャルのフェラチオ無修正動画を高画質で配信

「・・以上でよろしいですか?ごゆっくりどうぞ」「はい、どーもー」カリビアンコムがいなくなると、巨乳ギャルは全身の力が抜けたような気がしました。「カリビアンコムちゃん、さっきからすごいエロ顔だよ」「バイブの音、聞かれたね。」「・・はぁ、はぁ・・う・・あ・・」巨乳ギャルは言葉になりませんでした。「カリビアンコムちゃん・・」隣の人が巨乳ギャルの顔を見ながら言いました。「ここで咥えてよ。」「・・え・・」巨乳ギャルはバイブをくわえるんだと思いました。「じゃ、じゃあ・・はやく抜いて・・・」「違うよ、こっちだよ」隣の人はオチンチンを握っている巨乳ギャルの手をグッとつかみました。「え・・ここで・・?」「そう、ここで。カリビアンコムちゃん、しゃぶりたいでしょ?」「正直に言ってごらん」二人の言葉は巨乳ギャルを追いこんでいました。巨乳ギャルの正直な気持ちを引き出そうとしていました。「・・・」「ほら、言ってみて」「これ、どうしたい?」「・・・はぁ・・あ・・・しゃぶりたい・・オチンチン・・咥えたい・・」そう言うと巨乳ギャルは隣の人に膝枕されるように体を動かしました。オマンコからバイブがヌルリッと抜けました。隣の人は巨乳ギャルの髪を抱きよせて「口、開いて舌出して」といったので巨乳ギャルがその通りにすると、巨乳ギャルの舌は隣の人の指で摘まれて口の中に指を突っ込まれてから、ディープキスをさせられました。もうとろけそうでした。そして、頭を抑えられて「じゃあ、フェラよろしく」と股間に顔を近づけさせられました。「・・はぁ、あぁ・・ん・・」巨乳ギャルは狭いテーブルの下で左手でオチンチンを支えながら口に咥えました。頭をテーブルにぶつけないように体をできるだけ低くして、奥まで一気に咥えました。『あぁ・・・巨乳ギャル、居酒屋で生フェラしてる・・』もうしゃぶるしかありませんでした。自分を満足させるためにも、巨乳ギャルはフェラをするしかなかったんです。オチンチンは口の中でぴくぴく動きました。男の人は巨乳ギャルの髪の毛を優しく撫でていました。「カリビアンコムちゃんはいい子だよ」「本当だな、こんなところでしゃぶってくれるなんてさ」「みんながカリビアンコムちゃんとヤりたいっつのもわかるな」そんなことを話しているのが聞こえました。口の中はヨダレで溢れてきて、時々、口の隙間から垂れてしまうので吸ってあげるとジュルルっと音がしてしまいました。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムは巨乳ギャルのオマンコにバイブ挿入無修正動画をスマホで配信

「・・ん・・あ、巨乳ギャル・・え・・う・・」「あれ?カリビアンコムちゃん、酔ってる?顔真っ赤だよ?」向かいの人の声も冷静でした。「あ・・う・・だ、大丈夫・・えーっと・・じゃあ・・サ、サラダください・・シーザーサラダ・・」「はい、シーザーサラダですね・・ご注文は以上で?」「はい、じゃあそれでよろしく」「はい、承りました。しばらくお待ち下さい。」カリビアンコムは席は離れて行きました。「あは、カリビアンコムちゃん、よく我慢したね」「本当、マジでやばいと思ったよ、声出ちゃうんじゃないかって。でもさ、カリビアンコムちゃんが俺のチンポの先、もみ始めるからさ、俺もびびったよ(笑)」「・・はぁ、はぁ・・も、もう・・やめよう・・だめだよ・・本当に・・」「だめ?何が?」隣の人がバイブをぐいっと押し込むと同時に胸をめくって鷲掴みにしました。「あんっ!」思わず巨乳ギャルは声を出してしまいました。「カリビアンコムちゃん、我慢しなきゃ」「他のお客さんに迷惑だよ」「・・・・」巨乳ギャルは、二人の人に弄ばれていました。オマンコからはすっかり汁が溢れてて、同時に巨乳ギャルの頭の中もとろけてしまっていました。巨乳ギャルの右手にはオチンチンが握られてました。「カリビアンコムちゃん、さっきから離さないね」「・・・」「どう?」「・・硬くなってる・・」つい1時間くらい前まで巨乳ギャルのオマンコに入っていたオチンチンを巨乳ギャルは居酒屋の一角で握っている事実に興奮していました。「カリビアンコムちゃん、欲しくなってる顔してる」「・・だって・・ん・・」オマンコの中のバイブがグリグリし始めました。「スイッチ入れよう」「あん・・だめ・・あ、あんぅ」ヴーンヴーン・・とバイブが唸る音が椅子に響きました。「ああ・・だめ・・スイッチ切って・・ばれちゃう・・」巨乳ギャルがオチンチンを握りながら俯くとカリビアンコムの声が聞こえました。「・・お待たせしました・・フライドポテトのお客様・・こちら、シーザーサラダになります・・お飲み物はこちらに置かせていただきます。」『ああぁ・・聞かれてるっ・・バイブの音がしてる・・聞かれてる・・』そう思いました。カリビアンコムが話している間もヴーンヴーンとバイブはうねりっぱなしでした。緊張で体は硬直しているのに、オマンコはユルユルでした。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムは女子大生のオマンコ無修正動画をスマホで配信

でもこんなところで奥まで突き刺す勇気もなくて、またバイブをゆっくりと引き抜く・・自然にそれを繰り返してしまっていました。「ん・・ん・・」「ちょっと隣に座るね。」一人がカリビアンコムの隣に座りました。カリビアンコムはボックス席の奥に移動しました。オマンコにはバイブが入ったままでした。「カリビアンコムちゃん、いい顔してるよ」カリビアンコムの向かいに座ってる人が言いました。「どれ、入ってる?」隣に座った人がカリビアンコムの内股に手をかけて脚を開かせて、バイブをグッと握りました。「あ・・う」カリビアンコムは漏れそうな声をこらえました。「うん、入ってるね。いい感じに濡れてる。ズッポリじゃん。さきまで生チンポで犯されてたカリビアンコムちゃんのヌルヌルマンコ、今はこんなところでバイブを突っ込んでんだ、やらしいよね・・・もっとマンコをグチャグチャにしようよ・・ほら、これいい?」「ぅぅあ・・」オマンコに入っているバイブがグリリッと奥までねじ込まれました。「お、カリビアンコムちゃんの顔でバイブがどこまで入ったかわかるね」「・・・はぁ、はぁ・・もうやめようよ・・ばれちゃうよ・・」カリビアンコムは必死に冷静な声を出そうとしました。「ん?なんで?大丈夫だよ、このままで。カリビアンコムちゃんの座ってるところは防犯カメラには映らないから。死角なんだよ、そこ」「そうそう、こんなにバイブを咥え込んでるんだからさ、もうちょっとやろうよ。・・あー、カリビアンコムちゃん、奥がヌルヌルしてるね・・さっきのザーメン、まだ入ってるんだね」「や・・だめ・・聞こえちゃうよ・・あん・・」カリビアンコムは必死にこらえていました。隣の人はバイブを握ってオマンコに入れたままカリビアンコムのシャツの前をはだけさせて直接胸を揉んできました。「あ、だめ・・見られちゃう・・」「ん?誰に?」「乳首、こんなに立ってる。気持ちいい?」「あ・・だめ・・つねっちゃ・・んーー」「じゃあ、追加の注文しようか」「え?・・あ・・」向かいに座ってる人がお店の人を呼ぶボタンを押しました。「カリビアンコムちゃん、そのままね。店員さんにもカリビアンコムちゃんの変態顔見せてあげようよ。女子大生も勃起してカリビアンコムちゃんに生チンポめぐんでくれるかもしんないよ」「うそ・・うそ・・だめだよ・・まずいよ・・あ・・」その時、 女子大生 の足音が後ろから聞こえました。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムはAV女優のバイブオナニー無修正動画を月額定額で配信

そして、一人がそんなカリビアンコムをスマホで撮影していました。「カリビアンコムちゃん、スマホ見ながらフェラして・・いい顔してるわぁ、マジで・・俺、また立ってきたよ。」カリビアンコムのバイブフェラで勃起したなんて言われたら、このときのカリビアンコムには耐えられないエッチな雰囲気でした。「はぁ、はぁ・・」「カリビアンコムちゃん、後ろから人が来るよ」「!」カリビアンコムは乱れて開いてたシャツの前を整えてバイブをテーブルの下に隠しました。お店の人はカリビアンコムたちのいる席の後ろの席に来たのでした。「・・びっくりした・・まずいよ・・ばれたら、大変だよ・・」カリビアンコムは必死になっていましたが、未だにエッチな気分はそのままでした。「カリビアンコムちゃん、ばれちゃえばよかったのに」「ほんとだよ。さっきの店員もカリビアンコムちゃんのフェラ顔見たかったと思うよ。乳首勃起させてんのを露出しながらマンコ濡らしてバイブフェラするカリビアンコムちゃんをさ」「・・言わないで・・そんなん・・」「この顔、AV女優にみせなきゃね」「だ、だめだよ・・今日のこと、AV女優は知らないんだから・・」「そうなの?じゃあ、言うこと聞いてもらわなきゃね」「カリビアンコムちゃん、そのバイブ、マンコにぶち込みなよ。自分で」「・・ここで?」「そう、ここで」「やらないと、この撮ったやつ、AV女優に見てもらうから」「・・・」カリビアンコムは言いなりになっていました。頭で考えるよりも体がバイブを求めていました。そして、唾液でヌルヌルのバイブをオマンコに入れました。座席の上で足を開いてゆっくりと挿入しました。バイブはヌルっとオマンコに入りました。入り口で亀頭の部分の圧迫を感じましたが、そこを通過してしまうと中が満たされた感じで、それが思った以上に気持ち良くなれました。一瞬『ブジュッル』って音がして膣内の精液が溢れた気がしました。「ああぅ」少し声が漏れました。「どう?カリビアンコムちゃん?」「・・あ・・入ったよ・・」「気持ちいい?」「・・・んう」「動かしていいよ、手」「・・ん」カリビアンコムは少しだけバイブを出し入れしました。ゾクゾクする気持ち良さがありました。3P中出しの後、深夜の居酒屋で半露出しながらのバイブオナニーは、カリビアンコムの想像を超える刺激がありました。バイブを引き出す時に入り口の裏あたりに引っかかる感じ、中に押し込むと入り口が捲れるような圧迫があって、膣の奥にバイブの先端が当たるともう少し奥まで入れたくなって

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムはオマンコにバイブ挿入無修正動画を有料で配信

カリビアンコムは言われた通りにチューブトップを脱ぎました。『脱いじゃった・・』と思うと心臓が飛び出そうでした。居酒屋の中でカリビアンコムは今上半身裸なんです。知らない人が見たらカリビアンコムをどういう風に思うのか、言い訳すら思いつかない露出だと思います。「しばらくそのままね」「・・・」全身から汗が吹き出そうでした。心臓がばくばくしていました。店内のお客さんの声、音がすごくよく聞こえました。「いいね、その顔だよ、カリビアンコムちゃん」「乳首、勃起してるよ」「だめ・・言わないで・・聞かれちゃう・・」「いいよ、シャツ着て」カリビアンコムが上半身裸だったのは時間にして1分とか2分とかだったと思いますが、その時間がものすごく長く感じました。カリビアンコムはシャツを羽織りました。「ボタンはしめちゃだめだよ」「次、パンツ脱いで」「・・脱ぐの?」「そう、わかってるでしょ?」カリビアンコムは座ったままパンツを脱ぎました。そして、脱いだパンツを前に座ってる人に渡しました。「やっぱり濡れてる」「やらしい女だね、カリビアンコムちゃん。パンツがグッチョリだよ」「・・言わないで・・恥かしいよ・・」「オナニーしたい?」「・・・そんな・・」もう一人の人がバッグをゴソゴソしました。そして、テーブルの上にバイブを出しました。こんな明るいところでバイブを目にするなんて・・さっきまでの3Pが思い返されきました。「これ、舐めてみてよ」二人はテーブルの上のバイブをここでフェラして、というのです。「カリビアンコムちゃん、カリビアンコムちゃんは俺たちの言うことを聞けば、感じることができるんでしょ?」「カリビアンコムちゃんはマゾだよ。だからカリビアンコムの言いなりになって、俺たちにマワされたりしてんでしょ?」「・・・」カリビアンコムは何も言えませんでした。オマンコは疼いていました。「ほら、これ持って、しゃぶりついてみせて」カリビアンコムはバイブを握りました。そして、それを咥えました。口の中がいっぱいになりました。自然にヨダレが溢れてきました。「そう、舌使って」「さっきやってたみたいに奥まで咥えて」「ヨダレ、垂らして啜りながらだよ」二人の指示通りにカリビアンコムはバイブをしゃぶりました。カリビアンコムは両手でバイブを握って、咥えたり舌を這わせたりしました。自分がやっていること、居酒屋で上半身裸になったあとにバイブフェラ、この状況に鎮まっていないエッチな気分が盛り上がってきました。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ

カリビアンコムはギャルの3P乱交輪姦中出し無修正動画を高画質で配信

口の中でできるだけ舌を絡ませて精液を舐めとりました。そして、指に付いた精液も舐め、その人のお腹に出た精液を吸い取ってあげました。「あれ?何してんの?」シャワーから出て来た人がそこに立っていました。「ギャルちゃんのフェラと手コキでイカされたよ(笑)」「マジで?」「いっぱい出たの・・ほら・・」カリビアンコムは精液とヨダレでベタベタした手を見せてあげました。「ギャルちゃん、ずりーよ(笑)俺にもやってよ」シャワーから出てきた人が腰のタオルを外すと、オチンチンは半立ちしていました。「・・いいよ・・こっちきて・・」カリビアンコムはその人をベッドの上に寝かせて、さっきと同じようにフェラと手コキをしてあげました。「やっぱりギャルちゃんのフェラ、気持ちいいわ」「・・うん?気持ちいい?嬉しい・・口に出していいよ・・飲んであげる・・」そして、その人はカリビアンコムの口の中に直接射精してくれて、カリビアンコムはそれをごっくんしてあげました。カリビアンコムはこの3Pで、オマンコに2発、フェラと手コキで2発の精液を出してもらいました。もうセックスすることや中出しに対しての抵抗は全くありませんでした。誰が相手でも同じようにできたと思います。カリビアンコムのセックスに対するハードルは異様に低かったと思います。それはやっぱりカリビアンコムが変態だったからなんだと思いました。「ギャルちゃん、女子大生には悪いけどさ、ギャルちゃんのマンコ、最高だわ」「俺、ギャルちゃんとセックスすんの好きだわ。ギャルちゃんをマワスのもすげー興奮するしさ、屋外での露出なんかもすげーいいよ。視姦されてるギャルちゃん見てるだけで犯してる気分になるよ」二人はベッドの上で一人を掃除フェラするカリビアンコムの体を撫でたり揉んだりしながら言いました。「あぁ、それに生で中出しさせてくれるのもいいよ。俺たちのザーメン便器みたいだよ、マジで。俺、これからもギャルちゃんを犯して、中出ししてーな。」「ギャルちゃんでAVみたいな乱交とかしたいよな」「あぁ、何十人とかからブッカケとかさ、連続中出しされてるギャルちゃん、見てみたいよね」「・・あん、そんなこと言わないで・・女子大生のこともあるから・・」「でもさ、ギャルちゃんもまんざらでもないよね?俺たち、っつーか女子大生以外の男とやるのも好きでしょ?」「・・え・・」「俺、ギャルちゃんのマンコん中に他人ザーメンを入れまくりてーな」「あぁ、俺もギャルちゃんがたくさんの男たちに犯されて、ボロボロになって、ザーメンまみれにされてるとこ、見たいな」「・・そんな・・カリビアンコム・・壊れちゃうよ・・」そうは言いましたが、カリビアンコムは心の中でものすごくゾクゾクするものを感じていました。二人の妄想の通り、たくさんの男の人にマワされて性のはけ口としてたくさんの精液をその証として身体中で感じる・・そんなことをされたら・・。そして、カリビアンコムのオマンコからはさっきの精液と、いやらしい汁が垂れてきていました。カリビアンコムの手にはまた二人のオチンチンが握らされていました。

カリビアンコムスマホでの入会の詳細はコチラ